JAHSS・JASID Joint International Conference

Co-hosted by

The Japan Association for Human Security Studies (JAHSS)

and The Japan Society for International Development (JASID)

Subtitle: Refugees/Migrants and Education/Employment

Dates

November 16-17 (Sat-Sun), 2019.

 

Venue

Komaba Campus, the University of Tokyo.

 

Theme

Refugees/Migrants and Education/Employment: Seeking to Ensure Human Security

About

This joint conference between the Japan Society for International Development (JASID) and the Japan Association for Human Security Studies (JAHSS) planned to be an ideal forum to address issues.on refugees/migrants and education/employment. JASID was established thirty years ago with academics and practitioners who work on development. The Japan Association for Human Security Studies (JAHSS) is a newer association of academics focusing on human security. Together they can provide the best forum for seeking the junction between human security and sustainable development.  

The conference aims to have a multidisciplinary, comprehensive approach, involving not only academic but also practitioners, with refugees and migrants in the center of all discussions – to realize the goal of “leaving no one behind”.

The conference will consider what kinds of integration supports are necessary and appropriate to realize a multicultural society in the future. It will also look into the issue of employment, as it realizes the fact that educational opportunity on its own is insufficient in addressing the refugees/migrants’ needs. Questions to be asked may include: Where are refugees and migrants placed currently in the Japanese society, and how appropriate is it? What can and should be done in this regard? What is expected of various stakeholders, such as universities? How can we encourage a mindset and make a system of learning from refugees and migrants? Will innovation of new technology such as block chain bring about new approach for inclusive education for refugees and migrants as well as promotion of multicultural society?

Expected Impact

1, provide an overview of the challenges/constraints facing refugees and migrants in their pursuit of education, the causes of the challenges and possible measures to overcome constraints,

2, create a space for open discussion and good network of research, education and practice in the issue of refugees and migration at three levels: national, regional and global levels,

and

3, build a foundation for potential university network on refugees and migrants’ research and education.

Methods

JAHSS and JASID will help each other to hold the plenary, regular and topically specified sessions as well. The Human Security Program of the Graduate School of Arts and Sciences, UTokyo (HSP), also facing its 15th memorial anniversary this year, welcomes the joint conference and will provide several organizational and logistic supports. The Executive Committee will be responsible for the preparation and all of the events related to the conference. At the same time, the Executive Committee will ask for advisory and technical help to the JASID Committee on Conference Organization and the JAHSS Conference Supporters. Side events and workshops are organized by or in cooperation with partners listed below.

Partners

- Japan Association for Migration Policy

- Japan Association for Japanese Language Study

- Culturade Corporation

Executive Committee

Chair

Yasunobu Sato (University of Tokyo)
 

Vice-chair (Secretary General)

Yuichi Sekiya (University of Tokyo)

Committee member

Tomoyasu Noguchi (University of Tokyo)

Masato Noda (Ibaraki University)
Ai Kihara-Hunt (University of Tokyo)
Takuto Sakamoto (University of Tokyo)

Yuto Kitamura (University of Tokyo)

Kazuo Kuroda (Waseda University)
Hiroyuki Ukeda (University of Tokyo)

Advisor

Saburo Takizawa (Special Advisor to the Japan for UNHCR)

Students Committee Member

Maho Yamazaki (HSF / Hitotsubashi University)

Sayaka Watanabe (WELgee / University of Tokyo)

Shinji Miyagawa (University of Tokyo)

Kota Miura (University of Tokyo)

Suzuka Yamada (University of Tokyo)

Tsujimura Yuki (University of Tokyo)

Lauren S. Power (University of Tokyo)​

JAHSS Conference supporters

Kaoru Kurusu (President / Kobe University)

Kyoko Cross (Secretiat / Ritsumeikan University)

Yoichi Mine (Doshisha University)

Yukie Osa (Association for Aid and Relief, Japan / Rikkyo University)

Go Shimada (Meiji University)

Michio Umegaki (Keio University)

JASID Conference supporters

Jin Sato (Chair) (University of Tokyo)

Haruo Miyata (Niigata University)

Eiji Oyamada (Doshisha University)

Yuto Kitamura (University of Tokyo)

Konno Nao (University of Tokyo)

Terauchi Daisuke (Toyo University)

Kazuyo Hanai (University of Tokyo)

 
 
 
 
 
 
 
 
 

国際開発学会&人間の安全保障学会 2019共催大会

共催

国際開発学会(JASID)、人間の安全保障学会(JAHSS)

副題:難民/移民そして教育/就労 

開催期間

2019年11月16日(土)~17日(日)

会場

東京大学駒場Ⅰキャンパス(東京都目黒区)

テーマ

難民/移民そして教育/就労-人間の安全保障の確保を目指して

趣旨概要説明

国際開発学会と人間の安全保障学会は、今年は共催で難民/移民そして教育/就労に関する学術大会を開催します。国際開発学会は国際開発にかかわる研究者及び実践者の学術的活動の場として設立され、今年30周年を迎えます。人間の安全保障学会は人間の安全保障をめぐる様々な問題を、研究者及び実践者を交えて議論する場を提供してきました。両学会の共催により、人間の安全保障と持続的開発を目指す新たな視座を見据えた最良の学術フォーラムが実現されると期待しております。

本共催大会では、学術領域横断的、包括的なアプローチで、研究者のみならず実践者、難民、移民も中心的に参加しながら議論を重ねていくこと、すなわち、「誰も取り残さない」ことを目的にしております。

本共催大会では、多文化共生社会の実現に向けてどのような統合的支援を行うことが必要かつ適切なのかを議論していきます。それとともに、難民/移民のニーズを満たすためには、教育の機会のみならず、雇用の観点からも検討を行うことが必要であるという視座から議論をしていきます。取り上げられる論点としては、現在の日本社会において、難民や移民がどのような立ち位置におかれているか、それが適切であるか。また、この視点からなされるべきことは何か。この問題に関わる大学を含めたステークホルダーに何が求められているか。どのように難民/移民から学ぶ意識と環境の構築を促すことができるか。ブロック・チェーン等新たなる技術革命が難民/移民を包摂する教育環境の整備あるいは、多文化共生社会の促進に有益か否かも議論していきます。

期待される成果

①難民及び移民が教育の機会を得るためにどのような課題と制限が存在し、課題の原因や制限の克服に向けた施策の概観を提供すること

②国家・地域・グローバルの3層で難民/移民に関する問題を取り扱う実践・教育・研究のための公開討議の場及びネットワークの構築

③難民と移民の研究教育のための潜在的な大学ネットワークの基盤を整備すること

方法

国際開発学会と人間の安全保障学会は、プレナリー、通常そして特別セッションの開催に向けて相互協力をしていきます。開催校となる東京大学の大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラムは今年、創設15周年を迎えるにあたり、記念行事として本共催大会の開催に向けて可能な支援を行います。共催大会実行委員会が共催大会の準備と大会に関わる全てのイベントに責任を持ち運営をします。同時に実行委員会は、国際開発学会の大会組織委員会及び人間の安全保障学会大会支援委員会に諮問・技術的支援をお願いしております。サイド・イベント、ワークショップなども関連するパートナーにより運営される予定です。

支援団体

- 日本移民政策学

- カルチュレード株式会社

実行委員会

実行委員長

佐藤安信(東京大学)

 

事務局長

関谷雄一(東京大学)

 

実行委員

野口友康(東京大学)

野田真里(茨城大学)

キハラハント愛(東京大学)

阪本拓人(東京大学)

北村友人(東京大学)

黒田一雄(早稲田大学)

受田宏之(東京大学)

実行委員会顧問

滝澤三郎(元国連難民高等弁務官事務所駐日代表)

実行委員会(学生委員)

山﨑真帆(NPO法人HSF)

渡部清花(NPO法人WELgee)

宮川慎司(東京大学)

三浦航太(東京大学)

山田涼華(東京大学)

辻村優毅(東京大学)

​ローレン・S・パワー(東京大学)

 

人間の安全保障学会 支援委員

栗栖薫子 (人間の安全保障学会 会長 神戸大学)

クロス京子(事務局長 立命館大学)

峯陽一(事務局 同志社大学)

長有紀枝(事務局 立教大学)

島田剛(明治大学)

梅垣理郎(慶應大学)

国際開発学会 大会組織委員会

佐藤仁(委員長 東京大学)

宮田春夫(新潟大学)

小山田英治 (同志社大学)

北村友人 (東京大学)

紺野奈央(東京大学)

寺内大左(東洋大学)

華井和代 (東京大学)